中耳の主な病気

急性中耳炎

かぜをひいたり、鼻アレルギーや副鼻腔炎で鼻の奥に炎症があると、耳管(じかん、鼻の奥と中耳を結んでいる管)を通じて中耳に急性の炎症を起こすことがあります。耳の痛み、難聴、耳のふさがった感じがおきます。ひどくなると鼓膜が破れて耳だれが出てきます。特に小さいお子さんでは、発熱や、不機嫌や、ミルクを飲みたがらないことの原因が、この病気であることが多いです。耳鼻科を受診して、診断をしてもらって適切な治療(内服、鼻の処置、鼓膜切開など)をされるようお勧めします。

HOMEへ
滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

急性中耳炎がおさまった後に、いつまでも中耳に水がたまったまま残ることがあります。また、鼻の奥に炎症があったり、アデノイド(鼻の奥のへんとうせんの組織で、耳管の出口付近にある)が大きいと耳管の働きが悪くなって中耳に水がたまることがあります。このような状態になると、痛みや熱などの急性炎症症状はないのに、難聴や耳のふさがった感じがおこります。小さいお子さんでは症状を訴えないので、「呼びかけても反応がない」とか不機嫌さで気づかれることがあります。耳鼻科で検査(見て観察したり、聴こえや鼓膜の動きやすさを調べる)したり、適切な処置(内服、鼻の処置、鼓膜切開、鼓膜チューブ挿入術など)を受けてください。

慢性中耳炎

急性中耳炎が完全に治らないうちに治療をやめた場合や、急性中耳炎を何度も繰り返した場合などで、中耳炎が慢性化することがあります。症状は、慢性的に続く耳だれと難聴で、めまいや頭痛を伴うことがあります。耳を観察すると、鼓膜に穿孔(せんこう、穴が開くこと)や、鼓膜の周囲に炎症による肉の盛り上がりがおきて、そこから耳だれが出ています。耳鼻科で治療(耳の清掃などの局所処置や内服薬と点耳薬、または手術)を受けましょう。

真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)

慢性中耳炎で、鼓膜の上方または後方に穿孔がある場合、皮膚の一部が中耳腔(ここは本来粘膜で覆われています)に侵入して、垢のようなものの塊になることがあります。この塊は、取り出して切って断面をみると、真珠のような(雪だるまのような、たまねぎのような)層状構造になっているので、真珠腫といわれます。この塊が次第に大きくなっていくと、周りの組織(骨さえも)を壊していきます。悪臭のある耳だれ、難聴、耳鳴りがおこります。さらに進行すると、頭痛、めまい、顔面神経麻痺が起きます。まれに、頭に進展して髄膜炎や脳膿瘍を起こすことがあります。早めに耳鼻科を受診して調べてもらいましょう。手術が必要になる場合が多いです。

外傷性鼓膜穿孔

耳かきで掃除中に肘に子供がぶつかったとき、耳に平手打ちを受けたとき、爆風を受けたときなどに、鼓膜に穴があくことがあります。難聴、耳の痛み、出血などがおこります。耳鼻科で診察を受けてください。それまでに、耳に水を入れたり、鼻を強くかんで鼻水を耳に送り込むと中耳炎になることがあるので注意しましょう。

 

 

耳の仕組みへ 外耳の病気へ 内耳と聴神経の病気へ
HOMEへ