副鼻腔の主な病気

急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)

鼻かぜをひいた後で、色のついた鼻汁がいつまでも治らず、鼻汁がのどに下がって痰になること(後鼻漏、こうびろう、といいます)があるときは、急性副鼻腔炎になっていることが考えられます。鼻腔から細菌が副鼻腔に入って炎症を起こすことが原因です。上あごの虫歯から細菌が副鼻腔に入って、この状態になるなることもあります。頬や目の奥の痛み、頭痛、頭の重たい感じ、発熱などを伴うことがあります。耳鼻科を受診して、レントゲン写真撮影などで調べて、薬を出してもらったり、鼻処置などの治療をしてもらいましょう。

HOMEへ

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)

「ちくのう症」とも、いわれることがあります。急性副鼻腔炎を繰り返したり、長引かせたりすると、炎症が慢性化することでがあります。副鼻腔と鼻腔の通り道がふさがれたり、粘膜の働きが悪くなっていつまでも副鼻腔に膿汁がたまったままになることでおこります。鼻汁がのどに下がる感じ(後鼻漏、こうびろう)がいつまでも続いたり、頭や目の奥が重たい感じが起こります。耳鼻科で薬を出してもらったり、鼻処置をしてもらいましょう。いつまでも治らないときは手術が必要な場合があります。

 

鼻の仕組みへ 外鼻と鼻腔の病気へ
HOMEへ