鼻の仕組み

鼻の病気の話をする前に、鼻の仕組みについてお話します。

・鼻の構造

鼻は、外鼻(がいび)・鼻腔(びくう)・副鼻腔(ふくびくう)の3つの部分に分けられます。鼻腔はさらに、鼻中隔(びちゅうかく)によって、左右に分けられます。

HOMEへ
冠状断で見た鼻の断面図
矢状断で見た鼻の断面図
(1)外鼻

外鼻は、鼻の外側の形について名づけられたものです。表面は皮膚です。中の構造を支えているのは、下半分が軟骨で、上半分は骨になっていて頭の骨につながっています。下に2個の鼻孔(鼻の穴)があります。

(2)鼻腔

鼻孔から咽頭(のど)までをつなぐ2本の管状の空洞です。入り口は狭いですが、内部は広くなっています。左右の鼻腔の境目に鼻中隔があります。外側の壁には3つのヒダ状の突起あって、上から上鼻甲介(じょうびこうかい)、中鼻甲介、下鼻甲介という名前です。ヒダとヒダの間には、副鼻腔と交通する穴が開いています。

(3)副鼻腔

副鼻腔とは、鼻腔の周りの顔や頭の骨の中にある空洞で、鼻腔と交通があります。副鼻腔は4種類あり、1対づつ、左右それぞれにあります。

一番下のほお骨の中で、目の下で、歯の上にある空洞を上顎洞(じょうがくどう)といいます。副鼻腔の中で1番大きい空洞です。

目と鼻の間で、鼻根部の横の奥にあるのが篩骨洞(しこつどう)です。内部は細かい部屋に分かれています。

鼻腔の上方で、目の上で額の骨の中にあるのが頭前洞(ぜんとうどう)です。

鼻の後方で、頭蓋骨の下にあるのが蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)です。

外鼻と鼻腔の病気へ 副鼻腔の病気へ
HOMEへ