咽頭の主な病気

かぜ症候群(流行性感冒、急性鼻咽喉頭炎)

急性の、鼻からのど、気管にかけての粘膜の炎症です。80〜90%の方は、ウイルスが原因で起こります。症状は、鼻みず、鼻つまり、のどの痛み、咳、痰からみ、発熱、全身倦怠感などです。治療は対症療法が主体となります。症状がひどい場合や、症状が長く続く場合は、インフルエンザ、急性化膿性扁桃炎、副鼻腔炎などを合併している可能性があるので、耳鼻科でも診てもらいましょう。

HOMEへ

急性上咽頭炎

鼻の奥でのどの上(鼻とのどの間、上あごの裏側)を上咽頭といいます。風邪の引き始めは、ここの痛みや違和感で始まることが多いです。外部から侵入したウイルスが最初に、この場所に着きやすいために、ここから炎症が始まるためです。これを、急性上咽頭炎といいます。耳鼻科で診てもらいましょう。綿棒でここに薬をつける処置をすることがあります。

急性化膿性扁桃炎

のどの左右にある口蓋扁桃(こうがいへんとう、「へんとうせん」のこと)が、細菌感染により炎症を起こした状態です。のどの痛み、発熱、全身倦怠感(からだのだるさ)を起こします。発熱は40度まで達することがあります。のどの痛みは、物を飲み込むときに強く、耳の奥まで痛みが響くこともあります。くびのリンパ節まで腫れて痛くなります。口蓋扁桃を観察すると、赤く腫れています。扁桃のクボミ(陰窩=いんか=といいます)に白いもの(膿栓=のうせん=といいます)がたまっていることがあります。耳鼻科で見てもらって、検査や治療を受けましょう。

扁桃周囲炎および扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)

急性化膿性扁桃炎がひどくなって、扁桃の周りの組織まで炎症を起こして腫れた状態が扁桃周囲炎です。痛みや熱などの症状もひどくなります。さらにひどくなって、扁桃の周りに化膿した膿がたまると、扁桃周囲膿瘍といいます。口蓋垂(こうがいすい、のどちんこのこと)が片方に押されて、のどが狭くなります。両方の扁桃周囲に膿がたまると、もっと狭くなって、口もあけられなくなってきます。膿がたまったら、耳鼻科で見てもらって針をさしたり切開をして膿を出す必要があります。食事ができなかったり、呼吸が苦しいようなら、入院治療が必要です。

習慣性扁桃炎

1年に4回以上、急性扁桃炎を繰り返す場合、習慣性扁桃炎といいます。症状が軽い場合は、その都度、抗生物質などで治療します。症状がひどい場合や何度も繰り返す場合は、手術をして、口蓋扁桃をとったほうがいいでしょう(口蓋扁桃摘出術といいます)。耳鼻科を受診して相談してください。

慢性咽喉頭炎

咽頭および喉頭の慢性炎症です。原因としては、かぜ(急性咽喉頭炎)を繰り返したり、長引いたとき、タバコの煙などの慢性的刺激、逆流性食道炎による胃酸の刺激、副鼻腔炎による後鼻漏、鼻づまりのための口呼吸によるのどの乾燥などが考えられます。のどの不快感、咳、声嗄れなどの症状があります。耳鼻科で見てもらいましょう。

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)

咽喉頭(のどのあたり)に異常感(へんなかんじ)があるが、通常の耳鼻咽喉科の検査では、その症状に見合うような異常所見が無い状態を言います。異常感には、何か引っかかった感じ、締め付けられる感じ、腫れている感じ、つばを飲んだときの違和感、腫れている感じ、ひりひりする感じ、食べ物が通りにくい感じなど、いろいろな訴えがあります。耳鼻科で、本当に原因が無いか調べてもらいましょう。原因がわからない場合は、対症療法(症状をとる治療)が主となりますが、時々再検査するための経過観察が必要です。

咽頭異物症

のどに、魚の骨などの異物が刺さったり、引っかかったりして取れなくなった状態です。のどの痛み、引っかかった感じなどがあります。耳鼻科で調べてもらって、異物があったら取ってもらいましょう。実際には異物は無くて、食物などによりのどが傷ついただけのことがあります。

溶連菌感染による咽頭炎

A群ベータ溶血性連鎖球菌(溶連菌、ようれんきん、ともいいます)によって起こる咽頭炎です。咳やくしゃみなどによって人から人に感染します。潜伏期間(感染してから症状が出るまでの期間)は、1〜3日です。約38度の発熱、全身倦怠感、のど痛み、嚥下痛(飲み込むときの痛み)、くびのリンパ節の腫れなどが起こります。子供の場合、全身に発疹の出る猩紅熱(しょうこうねつ)になることがあります。まれに合併症として腎炎になることがあります。耳鼻科(または小児科)で検査と治療を受けましょう。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスによって起こる急性の炎症です。咳やくしゃみで飛び散った、空気中のウイルスを含む粒子によって、人から人へ感染します。潜伏期間は1〜3日です。約38度の発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛、はなみず、くしゃみ、はなつまり、のどの痛み、咳などが起こります。発症早期には、抗ウイルス剤が有効です。早めに耳鼻科(または内科や小児科)で診てもらいましょう。

 

 

HOMEへ のどの仕組みへ 口腔の病気へ 喉頭の病気へ