口腔の病気

 

アフタ性口内炎

アフタ(円形の浅い潰瘍ができて白くなり、周囲が赤くなった状態)が、口腔の粘膜にできて、痛みがあります。ひどくなると潰瘍になります。歯による刺激や、ビタミン欠乏、風邪などのウイルス疾患、胃炎・胃潰瘍などの消化器疾患に伴っておきることが多いです。局所の軟膏塗布や内服によって治療されることが多いです。耳鼻科(または口腔外科)で見てもらいましょう

HOMEへ

舌痛症

外見上は、アフタや潰瘍などは無いのに、舌がピリピリと痛んだり、物がしみたりする状態です。歯による刺激や、ビタミン欠乏、風邪などのウイルス疾患、消化器疾患に伴っておきることがありますが、原因がはっきりしないことが多いです。喫煙習慣や、精神神経疾患を伴っていることがあります。局所の軟膏や内服が処方されることがありますが、治りづらいこともあります。耳鼻科(または口腔外科)で診察を受けましょう。