喉頭の病気

主な病気

急性喉頭炎

喉頭粘膜の急性炎症です。嗄声(させい、声がかれること)、咳、のどの痛み(のど仏のあたり)、がおきます。粘っこい痰や、つばを飲んだときの痛みや、発熱が起きることがあります。かぜ症候群(急性鼻咽喉頭炎)の一部として、ウイルス感染によって起きる場合が多いです。耳鼻科で、喉頭を観察してもらって、吸入療法(ネブライザー)などの治療を受けましょう。

HOMEへ
慢性喉頭炎

急性喉頭炎を繰り返したり、長引いた場合に、慢性化することがあります。嗄声、咳のほかに、喉頭の不快感や異物感があります。慢性炎症によるものですが、喉頭アレルギーや、逆流性食道炎(胃酸の逆流により、食道やのどの粘膜が炎症を起こす病気)のことがたまにあります。まれに、喉頭腫瘍が原因のことがあるので、ファイバイースコープなどで耳鼻科で詳しく調べてもらいましょう。

喉頭ポリープ(声帯ポリープ)

声が嗄れてきた場合、喉頭にポリープができていることがあります。時にできやすい場所は声帯なので、声帯ポリープともいわれています。喉頭鏡や、ファイバースコープで調べます。声帯の縁に丸くて表面がつるっとしたものができています。声の使いすぎや、タバコによる慢性炎症でなることがが多いです。手術が必要なことが多く、総合病院の耳鼻科に紹介されます。

声帯結節(せいたいけっせつ)

声が嗄れてきた場合、声帯の縁に小さな突起ができていることがあります。ポリープほど大きくない場合は、声帯結節といいます。声の使いすぎや、かぜを引いて声が嗄れているときに、無理をして大きい声を出しているときに、なることがあります。耳鼻科外来で吸入(ネブライザー)などの通院治療をしたり、声を出さないようする(沈黙療法)で治ることがあります。治らない場合は、手術が必要にまります。

比較的まれな病気

急性喉頭蓋炎

喉頭の上の部分をふたして、食物や水が喉頭や気管の中に入って、むせるのを防ぐ働きがあるのが喉頭蓋です。この部分が、細菌感染などが原因で腫れることがあります。発熱、嚥下痛が起こります。ひどくなると、嚥下困難や呼吸困難が起こることがあります。ひどくなる前に耳鼻科で診てもらいましょう。

喉頭癌

耳鼻咽喉科が扱う範囲の中では、一番多い腫瘍です。特に、50歳以上の男性喫煙者(タバコを吸う男)に多い病気です。女性でも、ヘビースモーカの方に喉頭癌が見られます。症状は、嗄声(声がれ)です。声帯に腫瘍ができると、癌の初期から頑固な嗄声が出てきて、早期発見につながります。声帯の上の口に近いほうや、下の気管に近いほうに癌ができた場合は、嗄声は起こらず、血痰(単に血が混じる)や、のどの痛みで気づかれることがあります。このような症状がある場合は、耳鼻科ですぐにファイバースコープなどで調べてもらいましょう。

HOMEへ
のどの仕組みへ 口腔の病気へ 咽頭の病気へ