耳の仕組み

耳の病気の話をする前に、耳の仕組みについてお話します。

耳の構造

耳は外耳、中耳、内耳の3つの構造に分けられます。内耳はさらに蝸牛(かぎゅう)と前庭(ぜんてい)と三半規管(さんはんきかん)に分けられます。その先は聴神経(ちょうしんけい)で脳につながっています。また、中耳は耳管(じかん)という管で鼻の奥とつながっています。

HOMEへ
耳の構造
(1)外耳

外耳はさらに、耳介(じかい)と外耳道(がいじどう)に分けられます。

耳介は音を集める働きがあります。

外耳道は、集めた音を鼓膜へ導く働きがあります。

(2)中耳

中耳には、外耳道に接する鼓膜(こまく)と、その内側の空洞の中耳腔(ちゅうじくう)があります。

鼓膜は楕円形の薄い膜で、音波を受けると振動します。

中耳腔の奥の壁は内耳の蝸牛につながっています。鼓膜と蝸牛の間を耳小骨(じしょうこつ)という3つの小さい骨が結んでいます。鼓膜の振動を蝸牛に伝える働きがあります。

(3)内耳

内耳は、頭蓋骨(ずがいこつ、頭の骨)の中に入っています。内耳には、蝸牛と前庭と三半規管があります。それぞれ、水の入った袋の構造になっていて、中にリンパ液が入っています。

蝸牛は、鼓膜と耳小骨から伝えられた音波の振動を電気信号に変える働きがあります。

三半規管は体の回転運動を感じる働きがあり、体のバランスをとる役目をしています。

蝸牛と三半規管の間に「前庭」という器官があり、体の直線運動を感じる働きで、体のバランスをとる役目をしています。

外耳の病気へ 中耳の病気へ 内耳と聴神経の病気へ
HOMEへ